こんにちは、ダン・ケネディです。

これまでのメールでは、
あなたが売ろうとしているものがどのようなものでも、

あなた自身やあなたの商品、
サービス、ビジネスをプロモーションし、
マーケティングするのに有効な具体的なアイデア、
プロセスについて論じてきました。

次のカギとなるコンセプトは、
オーガナイズド(系統的な)・プレゼンテーション」です。

今日、人とコミュニケーションをとる上で、
いくつか、対処しなければならない問題があります。

一つ目は、アテンション・スパンと呼ばれるもの、
つまり、集中力が持続する時間のことです。

現在では、アテンション・スパンは、ゼロです。

このことは、ぜひ、知っておいて下さい。

何年も前のことですが、
マーケティング業界の我々にとって、大きな出来事がありました。

スーパーボウルのテレビ中継でのことですが、
テレビ・コマーシャルが30秒ではなく、15秒になったのです。

コマーシャルの時間を短くしたのには、いくつも理由がありました。

1.当然のことながら、1時間あたり、これまでより、
多くのコマーシャルを流せること。

2.30秒スポットより15秒スポットの方が、
1秒あたりのコストでは高くなりますが、
コマーシャル1本あたりのコストは安くなります。

これによって、今まで、テレビ・コマーシャルを流せなかった広告主も、
テレビ・コマーシャルを流せるようになり、
広告主となる可能性のある人がずっと多くなるのです。

3.コマーシャルの時間を短くした理由として、
これはとても興味深いのですが、
一般のアメリカ人のアテンション・スパンが短くなったのです。

考えてみて下さい。

テレビを見ている人の内、リモコンを使っている人はどのくらいでしょうか?

全員

…そのとおりです!

コマーシャルが始まったら、
どのくらいの頻度でチャンネルを変えるでしょうか?

夜、近所の通りを車で通ったとしましょう。

窓を開けて、とても静かに走ったら、

カチャ、カチャ、カチャ、カチャ、カチャ

という音が聞こえてくることでしょう。

これは、コオロギの声ではありません。

近所の人たちが、チャンネルを次から次へと切り替えている音です。

何か面白いものを探して…。

これで、現在のアテンション・スパンについては、
ご理解いただけたと思います。

次回のメールでは、次なるキーポイントについてお話しましょう。

ダン・ケネディ