おはようございます。ダン・ケネディです。

もう一度、「効果の低い」3つのタイプのマーケティングを
おさらいしておきましょう。

1. 企業広告
2. 測定不可能なレスポンス広告
3. PRとパブリシティ

前回お話したように、企業のマーケティングプランには、
これら3つのタイプのマーケティングが随所に見られます。

しかし、これらの方法はどれもいい加減で、
結果を測定されたくないメディアや専門家が
強引に売り込んでいるだけだと私は思っています。

また、これも個人的な意見ですが、企業をはじめ、
スモールビジネスのオーナー、大企業の重役たちのほとんどが、
こうした測定不可能なマーケティングに多額のお金を無駄に費やしています。

せっかくなら結果を明確かつ厳密に
測定できるところに投資して欲しいと思います。

そうすれば、費用対効果を上げるための変更を行うこともできます。

そのためにダイレクトマーケティングを利用するのです。

ダイレクトマーケティングには次のものがあります。

#1:ダイレクトレスポンスを要求するメディア広告。

たとえば、切り取って使えるクーポンがこれです。

発信者を特定できるコードをつけた電話番号や、
商品の注文票などもそうです。

ダイレクトレスポンス広告は99%測定可能です。

残り1%の付加価値要因については後ほど説明します。

その他のダイレクトマーケティングは、
次回のメールでお話しましょう。

ダン・ケネディ

PS
マーケティングの秘訣が詰め込まれたマニュアルを
無料で手に入れるには、こちらをクリック。