logo

  • 社長の仕事はマーケティングだ(私のビジネスも他のビジネスも何ら変わらない)
  • マーケティングは全てに優先する。全てはマーケティングの奴隷である。

「社長の仕事はマーケティングだ」

というのは、ダン・ケネディの最も重要なコンセプトです。

多くの社長はこの考えがないかあるいは徹底されていないため、成果を出せないでいます。例えば多くの人は自分は「○○屋さん」だと思っています。例えばWEB製作の会社なら「自分はWEB屋さん」印刷業なら「自分は印刷屋」整体師なら「自分は整体屋」・・・

でもこれは間違いです。正確には社長の仕事は「マーケッターでたまたまWEB製作を商品にしている」というものなのです。WEB屋、印刷屋、整体屋というのは、いわゆる「商品」のことを中心にした考え方です。


商品は中心ではない

しかし、ビジネスの中心になるのは商品ではありません(商品は常に入れ替わっている事を見ても明らかです。ソニーの中心はウォークマンでしょうか?違いますよね?)。ビジネスの中心になるのは顧客なのです。

顧客を獲得してその顧客を維持するのがマーケッターの仕事です。社長が自分のビジネスを商品中心でとらえてしまっていると、どうしても限界が出てき てしまいます。まず第一に、売れない商品を切る事ができません。売れないというのは顧客から受け入れられていないという事実ですが、その事実を受け入れら れないために不毛な努力を繰り返してしまうのです。

一方、マーケッターは違います。マーケッターは売れない商品はすぐに捨てます。売れないキャンペーンはすぐに終わり、売れない広告は即中止。なぜなら、マーケッターにとって中心は顧客にあるからです。


商品というのは、
顧客を獲得するためのツールにすぎない

また、商品中心だとどうしても、その商品カテゴリーの事しか考えられません。つまり、枠の外の考え、アイディアを実行する事が困難になります。自分は○○屋だと言う多くの人は、業界の常識や一般的なやり方に固執してしまっている人が多いのです。

でも、常識や一般的なやり方に従うのは、失敗の確率を高める最も確実な方法です。考えてみてください。業界のほとんどの人は、大した成果をあげられていません。右へ倣えで、同じような事しかやらなければ、同じような結果かそれ以下の結果しか出せないのは当然の事なのです。

ダン・ケネディはこのことを「マーケティングの近親相姦」と警告しています。つまり同じ業界の人が参考にするのは同じ業界の人がしているマーケティングだけ。なので結局は業界全体が沈んでしまうのです。

「民主主義が正しい」という教育のせいなのか、私たちは多数派が正しいと思い込んでいます。でもどうして成功しているのは常に少数派なのでしょうか?答えは簡単です、、、


ビジネスの世界では少数派が常に正しい。
少数派が常に勝つ。

どんなビジネスをしていても、その業界の習慣や常識的なやり方などがあります。しかしそんなものに従っていたら、みんなと一緒に集団倒産するようなもの。あなたが顧客の立場だったら、他と大して変わらないような所になんかに行きたいとは思わないでしょう。

私たち社長はマーケッターです。たまたま、今の商品を扱っているに過ぎないのです。やっている仕事はこの2つ。顧客を獲得して、顧客を維持する。これだけなのです。


マーケッターには「業界」なんてものはありません。

顧客を獲得し、維持するには、人間の行動心理を知らなければいけません。人間の行動心理には、業界なんてものはありません。全て、同じです。どの商 品を買うときにも人間は同じ事を考えて、同じパターンで買い物をします。だから「ウチの業界は、、、」なんて台詞に意味はありません。実際、ダン・ケネ ディのノウハウは356種類もの業種で効果が出ていることがその証拠です。

「私のビジネスは違う」「私のビジネスは特殊だから」「私のビジネスでは使えない」そう決めつける代わりに、こう質問してみてください。


「これは私のビジネスで、どう使えるだろうか?」

あなたのビジネスのブレイクスルーのはじまりです!

マーケティングを身に付ければ、今までは目に入っていても気付かなかったビジネスチャンスが、そこら中にゴロゴロ転がっていることにも気付けるよう になるでしょう。また、そこからどうやってお金を儲けるか、その方法も身に付くでしょう。

そして、既存のビジネスからもっと多くのビジネスチャンスを引き 出せるでしょう。もっとたくさんの顧客を獲得できるでしょう。さらに、、、もっと魅力的な商品を開発したり、見つけたりできるでしょう!

ダン・ケネディからマーケティングを徹底的に学ぶならこちら


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。 © 2017 ダイレクト出版株式会社. All rights reserved.
ダイレクト出版/DIRECT PUBLISHINGは、ダイレクト出版株式会社の登録商標です。